バロン西を特集したカレンダー発行へ

 このほど、バロン西を特集した ほんべつ歴史カレンダー を発行します。b0171771_23272414.jpg
 今秋、本別町歴史民俗資料館(瀬藤範子館長)が、本別町ゆかりのバロン西こと西竹一陸軍大佐(最終階級)を特集した、手作りの2011年版「ほんべつ歴史カレンダー」を発行することになりました。
 本別町は義経伝説や開拓史、本別空襲など歴史的な題材が多い中から、貴重な実物資料を収蔵するバロン西が、カレンダーの第1弾として取り上げられました。
 カレンダーは見開き型のA3冊子タイプ。主な内容は、次の通りです。
◇1932年の米国ロサンゼルス五輪の馬術競技で金メダルを獲得した雄姿や愛馬
◇旧陸軍省軍馬補充部十勝支部(本別町西仙美里)勤務時代の写真
◇最終ページでは硫黄島の戦いや同資料館収蔵の実物資料の解説
◆1部500円。100部を製作し、町図書館で10月ごろから販売する予定。
 歴史民族資料館では、来年以降も、町の代表的な郷土史を特集したカレンダーを製作することも検討しています。
[PR]
by hombetu | 2010-08-26 23:12 | 本別町の様子 | Comments(0)