フラミンゴとニホンザルの赤ちゃんが誕生

 おびひろ動物園でヨーロッパフラミンゴとニホンザル赤ちゃんが誕生しました。
 ヨーロッパフラミンゴは7月26日(月)に1羽、28日(火)に1羽がふ化。灰色のヒナが親の後をくっついて歩く姿や親鳥の体内から分泌されるフラミンゴミルクを口移しで飲んでいる姿が見られます。同園でのフラミンゴの繁殖は5年連続。2羽の誕生でフラミンゴは22羽になりました。
 ニホンザルは7月5日(月)と同12日(月)に1頭ずつ誕生。母親にしがみついておっぱいを飲んだり、鎖などを触って一人遊びをしたりしている様子が見られます。2頭が仲間入りし、ニホンザルは22頭になりました。今回誕生した動物たちの愛称は来春、募集する予定です。
b0171771_847272.jpg

b0171771_8472110.jpg

[PR]
by hombetu | 2010-08-16 08:39 | 本別町の様子 | Comments(0)