道東道無料化、日勝峠は閑散

 地方高速道路の無料化実験で、道東自動車道の交通量が3倍近くに増えている一方、隣接する一般国道の利用が激減しています。b0171771_8282021.jpg
 国道274号の日勝峠からは大型トラックの姿が消え、国道38号の狩勝峠経由で上川方面に向かっていた乗用車も道東道に移行しました。トラック運転手やマイカー族をターゲットにしてきた国道沿いの飲食店は売り上げが減少しています。
 一方、従来団体の観光客を相手にしてきた店舗は影響を最小限にとどめている。
 日勝峠の入り口に当たる清水町。同町内の国道38号沿いのドライブインでは、峠に向かうトラック運転手の来店がめっきり減り、売り上げは半減。また、御影地区のレストランは7月の売り上げが前年同月より2割減に近いとのことです。
 逆に道東道の占冠ICに近い占冠村の道の駅は盛況。盆期間中も札幌や帯広ナンバーの乗用車が絶え間なく訪れ、昼食時は飲食テナントから待ち客があふれる状況となった。
[PR]
by hombetu | 2010-08-22 08:21 | 本別町の様子 | Comments(0)