道東道 帰省客らで渋滞

 お盆を故郷で過ごす人たちの帰省ラッシュと花火大会の客で、道東自動車道は、8月13日(土)の朝から大混雑しました。日本道路交通情報センターによると午後1時すぎに夕張インターチェンジ出口付近を先頭に最大12kmに達し、並行して走る国道274号も乗用車が長い列を作りました。
写真:十勝清水・トマム間の道東道
b0171771_20215399.jpg
 本別・足寄~占冠、夕張~千歳恵庭ジャンクション間の全線が無料の道東道は13日午前中から札幌ナンバーの乗用車を中心に交通量が増加しました。芽室町の十勝平原サービスエリアは帰省客や観光客で混雑しました。
 一方、JR帯広駅も混雑しました。同駅によると13日札幌発帯広・釧路方面行きの特急下り線の指定席は午前中の便はすべて満席、午後もほぼ指定席が埋まった。
 また、帯広市空港事務所によると13日の羽田発帯広行き便は4便平均の搭乗率が約8割に達するなど、帰省客を中心に込み合いました。
[PR]
by hombetu | 2010-08-15 07:12 | 本別町の様子 | Comments(0)