管内で交通事故、相次ぐ

 足寄で大型観光バス横転 43人けが
 7月17日(土)午前10時55分ごろ、足寄町茂足寄の道道で、オートバイと夕張鉄道の観光バスが衝突し、バスは路外に横転しました。本別署などによると四十数人が負傷し、そのうち1人とオートバイの運転者は重傷を負いました。b0171771_1548342.jpg
 本別署によると、現場は片側1車線で、国道241号から道道オンネトー線に150mほど入ったカーブ。バスが対向してきたオートバイを避けようとしてハンドルを切り、道路左側の約1・5m下に転落したとみています。バスの車体は完全に逆さまになった状態。
 乗客の話では、観光バスが緩いカーブを走行中、バイクが急に現れ、衝突してバイクが飛び跳ね、バスはいったん路肩に止まったものの、ゆっくりと傾いてひっくり返ったとのことです。
 釧路市消防本部や西十勝消防組合から救急車が出動して、道のドクターヘリや道警ヘリも出動して、負傷者を十勝管内足寄町国保病院や同管内本別町国保病院、市立釧路総合病院、道立阿寒湖畔診療所などに搬送しました。
 夕張鉄道によると、バスの乗客は47人でJTBのグループ会社「JTBメディアリテーリング」が主催する羽田発の観光ツアーの参加者。ほかに運転手、ガイド、添乗員計3人が乗っていました。ツアーは知床などを3日間で巡る日程で、この日は釧路管内弟子屈町の川湯温泉を午前7時半ごろ出発、摩周湖、阿寒湖などを回り、羽田への帰途に就くため新千歳空港に向かう途中だったということです。

 幕別で軽乗用車とトラックが正面衝突し、1人死亡
 また、同じ17日午前1時5分ごろ、十勝管内幕別町相川の国道で、幕別町旭町の大工砂金(いさご)良太さんの軽乗用車と札幌市のトック運転手最上雄二さんの大型トラックが正面衝突。砂金さんは全身を強く打ち、間もなく死亡しました。最上さんにけがはありませんでした。
 帯広署によると、現場は片側1車線の直線道路。同署が事故原因を調べています。

 十勝清水で大型トレーラーと正面衝突、乗用車の46歳男性死亡
 7月14日(水)午前8時25分ごろ、十勝管内清水町の日勝峠1合目付近の国道で、札幌市の無職押切隆志さんの乗用車と、札幌市の運転手今野隆一さんの大型トレーラーが正面衝突。押切さんが全身を強く打ち、間もなく死亡しました。今野さんも両脚などに軽傷を負いました。
 新得署によると、現場は見通しの良い直線道路。同署は、押切さんの乗用車が対向車線にはみ出したとみて調べています。

《地図:赤☆印…茂足寄 茶☆印…幕別町相川 橙☆印…日勝峠1合目》

[PR]
by hombetu | 2010-07-18 06:36 | 本別町の様子 | Comments(0)