夏到来、ヤマベ解禁

 7月がスタートして、十勝平野にも夏到来です。十勝の河川ではヤマベ釣りが解禁となりました。b0171771_21183747.jpg
 待ちかねた太公望たちが川へと繰り出しています。
 十勝管内のヤマベ釣りは毎年5、6月が資源保護のため、禁漁となっています。広尾町内では野塚川のほか、豊似川や楽古川などが道内屈指のヤマベの釣り場として知られています。野塚川では国道336号の野塚橋付近に、早朝から釣り人が訪れ、大物を狙って、さおを振るっていました。
《参考:ヤマメ 》
 ヤマメ(山女魚、山女)は、サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。
概要 [編集]
 ヤマメは、北海道、東北地方では「ヤマベ」とも呼ばれる。2年魚でも全長は20cm程にしかならないが、ダム湖などに下り再び遡上してくるものは40cmに達するものもいる。秋期に河川上流域のおもに本流の砂礫質の河川に産卵床を形成し1腹200粒ほどの産卵をするので、保護を目的として漁協や県などの自治体などが管理する河川では10月から4月頃までが禁漁期間となっている。 新潟県での回帰率は、0.03%と推定されている
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%A1
《参考:釣り情報ポータル「Fish/up!」野塚川》
http://fishup.net/column.php?id=39
[PR]
by hombetu | 2010-07-09 06:16 | Comments(0)