クマ出没により、新嵐山キャンプ場閉鎖

 7月6日(火)、「めむろ新嵐山オートキャンプ場」は、近くで親子グマの足跡が発見されたのを受け、キャンプ場を閉鎖しました。b0171771_463993.jpg
 同キャンプ場を経営するめむろ新嵐山が、今季の営業を打ち切ることを決めたものです。
 キャンプ場周辺では先月から今月にかけて、クマの出没が相次いでおり、「人命を最優先したい」と判断しました。キャンプ場は7、8月が利用のピークで、昨季は3200人が利用。花火大会が開かれる8月13日は例年、オートキャンプ場(25台収容)、バンガロー(5棟)、キャンプサイト(75張)がすべて満杯になっていました。
 キャンプ場は、6月5日に帯広市広野で山菜採りの女性がクマに襲撃され、亡くなった事故を受け、同6日から11日まで臨時閉鎖し、さらに同30日まで閉鎖を延長。周辺に電気牧柵を設け、夜警警備員1人を配置し、1日から営業を再開していた。今季は10月末までの営業を予定していました。
《めむろ新嵐山オートキャンプ場》
http://www.netbeet.ne.jp/~arashiyama/autocamp/autocamp.htm

[PR]
by hombetu | 2010-07-07 03:56 | 本別町の様子 | Comments(0)