十勝管内で、部分月食

 6月26日(土)夜、月の一部が地球の影によって欠けて見える部分月食が、十勝管内でも観測されました。陸別町にあるりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で開催された部分月食観望会には管内外から多くの来館者が訪れ、月が欠ける天体ショーを楽しみました。 b0171771_2325670.jpg
 月食は、今年、3回あり、部分月食は1月1日と26日、すべて隠れる皆既月食は12月21日に起こります。今回は午後7時16分から欠け始め、同8時38分には、満月の約半分が欠ける食の最大を迎えました。 来館者は屋上で、東の空から上る、欠け始めた月の姿を天体望遠鏡や双眼鏡で観察しました。
 この日は国際宇宙ステーション(ISS)も陸別上空を横切り、月食との共演にしばし見入っていました。
[PR]
by hombetu | 2010-06-29 02:04 | 本別町の様子 | Comments(0)