国内で今季初「猛暑日」、本別で35.3度

 6月26日(土)、十勝管内は朝から気温がぐんぐん上がり、午後1時までに、最高気温は帯広で35.9度、足寄で35.7度、池田で35.6度、本別でも35.3度)、上士幌で35.2度、幕別町糠内で35.2度、と6カ所で35度を超す「猛暑日」となりました。
 国内で35度を上回ったのは今季初。この6地点は6月の日最高気温としてはそれぞれ観測史上1位を更新しました。
 帯広測候所によると、北海道付近が高気圧の張り出しの中にあって上空に暖かい空気が流れ込み、フェーン現象も加わって気温が上昇。北見では正午現在35.5度まで上がりました。
 帯広のこれまでの6月の日最高気温は34.8度(1980年6月7日)で、猛暑日となったのは2007年8月15日(35.3度)以来。池田の記録は32.7度(2001年6月28日)、上士幌は33.3度(1980年6月7日)でした。
 このほかの地点では、芽室34.5度、音更町駒場34.2度、新得34.1度などでした。広尾と豊頃町大津を除く17地点で最高気温が30度を上回りました。
[PR]
by hombetu | 2010-06-27 06:58 | 本別町の様子 | Comments(0)