足寄町上螺湾、手負いグマ仕留める 

 6月21日(月)の午前6時ごろ、足寄町上螺湾のクオナイ沢付近で、狩猟業の男性がクマを目撃し、本別署に通報しました。男性がライフル弾2発を肩口に命中させましたが、クマは手負いのまま沢に逃げました。
 周辺には民家が点在し、付近で山菜採りをする人の姿もあることから、本別署や町は付近への立ち入りを控えるよう呼び掛けましたが、町に入った連絡によると、その日の午後0時20分ごろ、地元ハンターがこのクマを仕留めたことが分かりました。
 本別署によると、目撃された現場は、螺湾市街地から約8キロ東側の地点。クマは体長2m余りの雄で、男性が発砲したライフル弾2発を肩口に受けて一度倒れたものの、再び起き上がり、そのまま沢方向の山林に逃げていました。

《地図:赤☆印…足寄町上螺湾》

[PR]
by hombetu | 2010-06-25 17:04 | 本別町の様子 | Comments(0)