JA本別町、宮崎への募金活動

 JA本別町(田中敏行組合長)は、口蹄(こうてい)疫被害を受けている宮崎県の生産者を支援するため、 募金活動 を行っています。6月末まで農協会館など関係8施設に募金箱を設置し、町民や組合員らから善意を募る計画です。
 町内で口蹄疫が確認された2000年、宮崎県から物心両面で支援や激励を受けたことがありました。
 募金箱は農協会館と給油所、生産資材店舗、Aコープ道東本別店、3事業所、穀類調整工場の8施設に計10個を設置し、集まった善意は道信連を通じ現地に送る予定です。
[PR]
by hombetu | 2010-05-29 21:32 | 本別町の様子 | Comments(0)