本別町が、死亡事故ゼロ連続1000日

 5月7日(金)、本別町内での 死亡交通事故ゼロ の記録が、1000日を達成しました。1000日達成は33年ぶり2度目で、住民課では「町内で死亡事故が発生しないよう、引き続き交通安全の推進に努める」としています。b0171771_641436.jpg
 町内では、2007年8月10日に美里別の道道で乗用車とトラックが衝突し、乗用車の男性が亡くなっています。事故は、午後2時50分ごろ、見通しの良い直線で発生。乗用車が私有地から道道に出たところ、本別市街から走行してきたトラックが運転席ドアに衝突したものです。
 この事故を最後に死亡事故がなく、5月7日午前0時を回った段階で1000日を達成しました。住民課によると、1974年8月3日~77年6月14日の1047日間が過去最長で、今回はこれに次ぐ記録となっています。
 町内では、高橋正夫町長が会長を務める「本別町交通安全推進委員会」の加盟48団体と、自治会や親ぼく団体などが街頭啓発や各種キャンペーンを通じて積極的に交通安全活動を推進しています。
 町では、1000日達成に併せたセレモニーなどは行わず、6月1日発行の町広報紙で記録達成を報告する予定です。
 なお、十勝管内の死亡事故ゼロ連続記録は6日現在、陸別町の4679日間が最長。本別町に次ぎ、上士幌町が942日間、鹿追町が765日間となっています。
《写真:道の駅「ステラ★ほんべつ」より本別大橋方面を望む》
[PR]
by hombetu | 2010-05-17 06:00 | 本別町の様子 | Comments(0)