姉妹都市・ミッチェル市から12人本別へ

 5月7日(金)、本別町の国際姉妹都市・豪州ミッチェル市からの訪問団が、本別に到着し、午後6時からは中央公民館で歓迎パーティーが開かれました。パーティーでは、町関係者やホストファミリー、約90人が出迎えました。
 ケビン・ムルロニー氏を団長とする訪問団は総勢12人で、来町は3年ぶりです。
 9日は、義経の里本別公園で行われている「本別山渓つつじ祭り」に参加しました。昨年2月の豪州山火事災害の際の本別町民の寄付金や寄せ書き、千羽鶴等の支援に対し、ムルロニー団長が豪州山火事災害からの復興の様子などを紹介し、に感謝の意を伝えました。b0171771_010565.jpg
 一方、9日午前10時から、「第52回本別山渓つつじ祭り」が、義経の里本別公園で開かれました。低温が続いたために、エゾムラサキツツジは四分咲きの状態。1万6000本のうち2000本のエゾヤマザクラの開花が間に合いませんでした。
 会場では、ゲーム大会、ニジマス放流釣り、ウナギつかみ取り、ツツジ即売会、子供向け遊具のふわふわランドなどの催しが繰り広げられました。ステージでは義経太鼓や本別駒踊りなどの郷土芸能、本別に縁のあるお笑いコンビ「すぴっぴ」のライブも行われました。

◆訪問団の主な日程
5月 7日(金)…本別到着、ウェルカムパーティー
5月 8日(土)…ホストファミリーとの交流
5月 9日(日)…本別山渓つつじ祭りに参加
5月10日(月)…阿寒国立公園観光
5月11日(火)…本別町内視察、茶道・着物着付けなど体験、さよならパーティー
5月12日(水)…本別出発
[PR]
by hombetu | 2010-05-14 17:37 | 本別町の様子 | Comments(0)