足寄町議会特別委が中間報告、議員定数は2減

 足寄町議会改革・活性化等調査特別委員会は、5月7日(金)開会した臨時町議会で、議員定数を15から2減 の13とする中間報告を行いました。特別委員会は、昨年3月に設置され、菊地一将氏(町議会の副議長)が委員長、大久保優氏が副委員長で、計7人で構成しています。b0171771_1131972.jpg
 臨時町議会で、議員からは「2減の根拠が不明確」などの意見がが続出しました。
 2減とした理由について、特別委
員会の菊地委員長は「2常任委が各6人、議長を含め計13人は必要」としたほかは、「広大な面積を考慮」「住民の意向を行政に生かせる人数」などの説明をしました。このた特別委員会に属さなかった議員からは、「結論に至る経緯が見えない」「足寄より人口が多い本別町の定数12より多い説明がない」「公聴会や町民アンケートを行っていない」などの意見が出されました。
 臨時会の会期は18日までの12日間で、8~17日は休会します。
《参考:足寄町議会公式ホームページ》
http://www.town.ashoro.lg.jp/gikai/index.html
《写真:足寄小の百周年を伝える「あしょろ議会だより」2010年4月号》
[PR]
by hombetu | 2010-05-10 10:56 | 本別町の様子 | Comments(0)