ふるさと銀河線りくべつ鉄道、営業開始

 5月1日(土)、ふるさと銀河線りくべつ鉄道の今年度の営業が始まりました。b0171771_17313012.jpg
 3年目を迎える陸別町商工会運営の同鉄道を盛り上げようと町観光協会(本田学会長)がゴールデンウイークイベントを行うほか、町外の鉄道ファンによるボランティア組織も結成されるなど支援の動きが広がっています。
 同鉄道は旧ふるさと銀河線の鉄道遺産を活用した体験施設で、旧陸別駅構内を利用した気動車の乗車体験と、運転体験(予約制で80分のLコースと15分のSコース)などを展開。昨年度は各事業を合わせて約5000人が体験しました。
 今年度の営業期間は、10月24日までを予定。運転体験のうち、Sコースの対象年齢をこれまでの中学生以上から小学生高学年(身長130cm以上)以上に拡大し、ファミリー層の獲得を目指します。
 昨年誕生したマスコットキャラクター「りっくん」をモデルにしたグッズによるPR活動も準備しています。
[PR]
by hombetu | 2010-05-07 17:31 | 本別町の様子 | Comments(1)
Commented by 本別大好き at 2010-05-07 23:15 x
はじめまして、こんばんは。
本別在住のウチダと申します。

このような本別町を取り上げられているブログがあると知りませんでした。
素晴らしいです!
また定期的に拝見させて頂きます!