帯広市長ら、帯広-名古屋線の存続要請

 4月8日(木)、砂川敏文帯広市長が会長を務める「とかち帯広空港利用促進協議会」は、会社更生手続き中の日本航空が帯広-名古屋(小牧)線の廃止を検討している問題で、東京都内の日航本社を訪れ路線存続を要請 しました。
 帯広-名古屋線は、現在ボンバルディアCRJで1日1便往復しています。
 砂川会長は「名古屋線の存続に特段の配慮を」との要望書を日航経営戦略部の永井大志部長に手渡し、市が1日から始めた着陸料減免などの支援策を説明。「地域としてできることをやっている最中に廃止の話が出てショックを受けている」と再考を求めました。
 日航は10月以降、国内線約30路線を廃止する方向で検討中です。

地図赤☆印…とかち帯広空港 緑☆印…羽田空港 青☆印…名古屋小牧空港 

[PR]
by hombetu | 2010-04-12 21:13 | 本別町の様子 | Comments(0)