20日池田で、アイスワイン発売

 3月20(日)、「アイスワイン2008」が、十勝管内で発売されます。ブドウを樹上で凍らせ、約1年3カ月かけて造るぜいたくな十勝ワイン「山幸アイスワイン」の販売数量は、昨年の1・5倍に当たる計925本。「奇跡のしずく」とも言われる人気商品で、今年は希望者に行き渡るかどうか、注目が集まっています。
 アイスワインは酸味、甘みともに強いデザートワイン。歩留まりが悪く、通常のワイン用に比べて8倍の面積の畑が必要といわれます。
 町の挑戦は今年で4年目。1年目は収穫目前にムクドリの群れにブドウを食べ尽くされて製造を断念。2年目は瓶詰め後に再発酵の恐れが出たため自主回収せざるを得ず、昨年は軌道に乗ったものの需要に供給が追いつきませんでした。
 今年の販売量は200ミリリットル入り瓶で、価格は税込み1本4200円。
 また、日本航空インターナショナルが毎月発行しているJALグループの機内誌「Agora(アゴラ)」3月号に、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所所長の中林司さんが紹介されています。「Agora」は、JAL国際線に配置されており、世界を飛び回るエグゼクティブに「日本一のワインの町・池田」が紹介されました。
 池田が「日本一ワインをよく飲んでいる町」とされ、国内で最初に自治体経営のワイン醸造を始めた関係者の苦労や成功までの道のりについて書かれています。

十勝ワイン公式ホームページ
http://tokachiwine.blog99.fc2.com/blog-entry-33.html
b0171771_20555925.jpg

《参考:アイスワイン》
 アイスワインは、天然状態で凍ったブドウから生産されるワインである。水分は凍るが糖やその他の固体成分は凍らないため果汁が濃縮され、非常に甘いワインとなる。天然に濃縮された果汁を発酵させる点は貴腐ワインと同じだが、アイスワインはボトリティス・シネレアの影響は受けていないため貴腐香は持たない。
アイスワインの誕生はドイツのフランケン地方であった。ブドウ畑が予想していない寒波におそわれてしまいブドウが凍ってしまった。諦めきれなかった農民たちは、凍ってしまったブドウでワインを造ったところ、とても糖度が高く美味しいワインとなっていた。この偶然からアイスワインが作られるようになった。当時は非常に貴重で高価だったため貴族の飲み物であった。
 アイスワインとして最も有名なものはドイツのアイスヴァイン(Eiswein)であるが、カナダやオーストリアでも造られている。世界最大のアイスワイン生産国は安定した寒さが得られるカナダであり、本家ドイツを上回る高い評価を受けている。また、ナイアガラ地方にはアイスワインの生産で世界最大のワイナリーが存在する。日本ではアイスワインを定義する法律がないためにフルーツワインをアイスワインと称して販売しても違法ではないが、カナダ、ドイツ、オーストリアにおいてはアイスワインと名乗るためには、原料、収穫方法、温度などの厳格な基準を満たす必要がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3
[PR]
by hombetu | 2010-03-20 08:21 | 本別町の様子 | Comments(0)