「ほんべつ雪あかりナイト」準備着々

 アイスキャンドルが真冬の街を照らす「2010ほんべつ雪あかりナイト」(実行委員会主催)の準備が着々と進められています。
 今回は、2月6日(土)午後4時から8時まで、道の駅「ステラ★ほんべつ」と銀河通り、大通り(南1丁目~北5丁目)を会場に開かれます。
 本別町小規模通所作業所「つつじの園」(本別町向陽町23-1・水元博宣施設長)で行われてきた氷灯用のキャンドル作りが22日で終了しました。同作業所では今回、会場にともる全キャンドルの約8割に当たる7000個を用意しました。当日は、このほかに実行委側が用意する分と合わせ、約8600個のキャンドルが氷灯の中で揺らめくことになります。
 ほんべつ雪あかりナイトは、「1町民1個」を目標にアイスキャンドルを作り、各商店が店先を思い思いに飾り付けるほか、道の駅の広場については、町内の小、中、高校生や企業などが担当します。 ちなみに、本別町の公式ホームページによると、平成21年12月末の本別町の人口は、8,5666人(男:4,216人/女:4,350人)です。
 当日、道の駅では岡女堂本家の甘納豆などを無料配布するほか、最低でも500円の商品券が入っている雪中宝探し(300円)、町内飲食店のクーポンが当たるアイスキャンドル輪投げ(100円)などを行う予定です。
 また、道の駅に高さ5メートル長さ18メートルの「氷の滑り台」が、初めて登場します。滑り台づくりは28日に始まり、ショベル2台で周囲の雪を積み上げました。北海道建築士会十勝支部本別分会が整形を担当します。
[PR]
by hombetu | 2010-01-31 01:34 | 本別町の様子 | Comments(0)