帯広で、世界スプリント選手権

 1月16日(土)・17日(日)、世界スプリントスケート選手権大会帯広大会が、帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)で行われます。
 大会に出場する各国選手団が続々と来帯し、12日から本格的に氷上練習を開始しました。日本、カナダ、米国、フィンランド、オランダなど10カ国の選手たちは、リンクコンディションを確かめていました。
 短距離の王者を争う世界スプリントの日本開催は6年ぶり。同オーバルでは先週末の世界オールラウンド選手権アジア地区予選会に続く国際大会となります。ただし、欧米を含む世界レベルの大会は今回が初めてとなる。
 男子は、バンクーバー五輪日本男子代表の
 ・長島圭一郎(池田高出/日本電産サンキョー)
 ・小原唯志(白樺学園高出/日本電産サンキョー)
 ・羽賀亮平(白樺学園高出/日大)
の3選手で、全員十勝出身です。
 なお、加藤条治、及川佑、太田明生は補欠となりました。
 女子は、同じくバンクーバー五輪日本女子代表の
 ・小平奈緒、・吉井小百合、・岡崎朋美、・新谷志保美
の4人で臨みます。五輪後に開かれるワールドカップ(W杯)後半の2戦には、同五輪代表から男子は加藤、長島ら6人、女子は中学生の高木美帆を除く8人が出場する予定です。
 世界スプリント選手権は500メートルと1000メートルを各2回滑り、総合得点で世界最速の座を争います。昨年は、長島圭一郎選手が総合2位に入りました。1ヶ月後にひかえたバンクバー五輪の前哨戦として、日本勢の活躍に期待が集まります。
[PR]
by hombetu | 2010-01-13 18:45 | 本別町の様子 | Comments(0)