帯広で世界選手権アジア予選

 1月9日(土)・10日(日)、帯広の森屋内スピードスケート場・明治北海道十勝オーバルで2010世界オールラウンド選手権大会アジア地区予選会・アジア距離別選手権大会帯広大会が行われます。
この大会は、国際スケート連盟、アジアスケート連盟が主催し、同スケート場初めての国際大会となるものです。
1日目/9日種目
 女子・男子500m、女子3,000m、男子5,000m
2日目/10日種目
 女子・男子1,500/1,000m、女子5,000m、男子10,000m
 6日までに帯広入りした各国選手団が、7日午前10時から公式練習を行いました。
 大会には、日本、中国、韓国、カザフスタンから選手41人が出場します。また、日本からはアジア地区予選に平子裕基(開西病院)、石澤志穂(岸本医科学研究所-駒大苫小牧高、中札内中出)ら五輪代表の7選手、距離別選手権に高木美帆(札内中)ら8人が出場します。このうち十勝関係の選手は8人になります。
b0171771_21475482.jpg

[PR]
by hombetu | 2010-01-07 20:44 | 本別町の様子 | Comments(0)