池田高校出身3選手がバンクーバーへ

3人の池田高校出身選手が、カナダ・バンクーバー五輪に決定しています。
2010年2月のカナダ・バンクーバー五輪のスピードスケート男子500メートルで、池田高出身の太田明生(JR北海道)、及川佑(びっくりドンキー)両選手の日本代表入りが決定し、すでに内定の長島圭一郎選手(日本電産サンキョー−日大)と合わせて3選手が夢の舞台に挑むことになりました。地元池田町では12月29日に早くも懸垂幕を掲げて祝福、激励の声が広がっています。
 町役場では役場有志による「長島・及川を応援する会」、池田高同窓会、同スケート部OB会が長島、及川両選手の出場確定を祝う高さ8メートル、幅90センチの懸垂幕を製作。29日朝に役場玄関横に掲げた。太田選手の分も発注しました。
 池田町は、カナダ・ペンティクトン市と姉妹都市にあり、3選手には励みになりそうです。

 また、スピードスケート競技日本代表19人(男子10人、女子9人)の中で十勝勢は同競技日本初の中学生選手となる高木美帆(札内中3年)ら女子2人、男子8人の計10人。過去最多だった前回(2006年・トリノ)と同数、今回の日本代表の過半数を占め、スケート王国・十勝の力を発揮しています。2009年8月にオープンした屋内スケート場「明治北海道十勝オーバル」で調整に成功した管内選手の躍進が目立ち、新リンクの成果が証明しているようです。
 2大会目の出場は長島圭一郎ら4人、高木、羽賀亮平(日大)、石澤志穂(岸本医科学研究所)ら6人が初出場です。出身高校別では白樺学園高出身5人、池田高出身3人。帯広で初の実業団・開西病院チームの土井槙悟、平子裕基の2人も初出場を遂げ、明治オーバルを拠点にした地元社会人の活躍も注目されます。

【スピードスケート男子オリンピック代表】
▽500m  加藤条治(日本電産サンキョー)、長島圭一郎(同)、及川及川佑(びっくりドンキー)、太田明生(JR北海道)
▽1000m 小原唯志(網走郡美幌町・白樺学園出身/日本電産サンキョー)、羽賀亮平(帯広市・白樺学園出身/日大)、杉森輝大(大樹町・白樺学園出身/吉羽木材)長島
▽1500m 土井槙悟(芽室町・白樺学園出身/開西病院)、杉森
▽5000m 平子裕基(音更町・白樺学園出身/開西病院)、出島茂幸(釧路市・釧商業高出身/釧路十六銀行)
▽1万m  平子
▽団体追い抜き 杉森、土井、平子、出島
写真:明治北海道十勝オーバル
b0171771_13325986.jpg

[PR]
by hombetu | 2009-12-31 11:56 | 活躍しています | Comments(0)