本別中央小バレーボールが全道大会で堂々3位

 12月5日(土)~6日(日)に江別市で行われたバレーボールの全道大会で、本別中央小は3位に入賞しました。
 本別小学校の女子バレーボールチーム「本別中央ジャンプスポーツ少年団」は、十勝地区代表として、江別市の北海道立野幌運動公園メインアリーナ・サブアリーナで行われた北海道スポーツ少年団バレーボール交流大会に出場。予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントに進出。
★決勝トーナメント1回戦で、「北見チーム」と対戦し
  セットカウント2対1(18-21 21-15 21-12)
で逆転勝利。
★準決勝では、「釧路鳥取フェニックスバレーボールスポーツ少年団」と対戦し、
  セットカウント0対2(4-2114-21)で、
惜しくも敗れました。第1セットは、鳥取の攻撃の流れのままにセットを失いましたが、続く第2セットは本別中央がサービスエースなどでリードしました。しかし、中盤以降は、鳥取の攻撃力が勝り、逆転され勝利を手にすることができませんでした。
 しかし、全道大会で、堂々の3位。メンバーは、8日(火)、町役場を訪問し、高橋正夫町長と澤田満教育長に健闘の報告をしました。
 なお、優勝は、セットカウント2-0(22-20 21-10)で釧路鳥取を破った、「富良野小ジュニアスポーツ少年団」でした。
b0171771_23311645.jpg

[PR]
by hombetu | 2009-12-17 22:59 | 本別町の様子 | Comments(0)