銀河の森天文台で流星群の解説

 11月17日(火)、りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(陸別町宇遠別)で、しし座流星群観望会が開かれました。残念ながら、この日の夜は,空が曇っていて流星群は観測できなかったため、しし座流星群の説明会で過ごしました。同天文台の筧伸浩主任が流星の成り立ちや、最近のしし座流星群の発生状況などを解説しました。
 しし座流星群は、多い時には1時間に数千個を超えるような流星嵐となる流星群です。
 今年2009年のしし座流星群は、2001年の流星嵐には及びませんが、11月18日の明け方の空が明るくなる直前の時間帯に、流星数が増加していくことが期待されていました。

 なお、同天文台では12月12日(土)・13日(日)の2日間、ふたご座流星群観望会を計画しています。12月中旬は三大流星群の1つふたご座流星群の季節です。今年は月明かりも少ない絶好の流れ星観察日和で、多ければ1時間に50個くらい流れると予想されています。

《参考:年間三大流星群》 「しぶんぎ座流星群」(毎年1月1日頃から1月5日頃に出現)、「ペルセウス座流星群」(7月20日頃から8月20日頃にかけて出現)と「ふたご座流星群」(12月5日頃から12月20日頃にかけて出現)の流星群です。
《参考:銀河の森天文台》 陸別町は、環境庁から昭和62年度に「星空の街」に選定され、さらに平成9年度には「星空にやさしい街10選」に認定されました。「りくべつ宇宙地球科学館(「愛称:銀河の森天文台)」はこの特性を活かし建設されたものです。公開型天文台としては日本一の115cm反射望遠鏡が設置され、屋上に小型望遠鏡4基・屋外に太陽観測専用望遠鏡などが設置されています。展示室ではパネル展・宇宙の体験学習ができます。(出典:どうしんウェッブ)

銀河の森天文台URL…http://www.rikubetsu.jp/tenmon/

地図 赤☆印…銀河の森天文台

[PR]
by hombetu | 2009-11-28 15:55 | 本別町の様子 | Comments(0)