b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg第13回東京本別会総会
会場決定
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
※例年の会場が休止のため、変更しました。
会場・「アルカディア市ヶ谷」サイトへ

第12回東京本別会総会終了
日時:2015年6月20日(土)午5時

会場:スクワール麹町(四ッ谷駅)
 第12回「東京本別会」総会・懇親会が開催されました。故郷本別町からは,高橋正夫町長・方川一郎町議会議長,前田芳雄本別中学校同窓会会長らが出席されました。また,4組のご夫妻も参加されました。なお,当日の様子が,十勝毎日新聞で紹介されました。
 第13回総会は,2017年6月の開催の予定です。
b0171771_16402937.jpg
仙美里中学校67年の歴史に幕

 故郷の本別町では、平成26年3月で
仙美里中学校が閉校 し、現在中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(左写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_23580848.jpg
参考写真:釧路動物園のゼニガタアザラシ
=2005年10月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Harbor_Seal_Kushiro.jpg

 帯広畜産大学のサークルに,野生動物のゼニガタアザラシを調査する 「ゼニガタアザラシ研究グループ(ゼニ研)」 があります。
 35年前の1982年,アザラシ保護を目的に立ち上がったサークルですが,近年は個体数調査(センサス)をメインに,人間との共存の在り方を探っています。
b0171771_08303753.jpg
帯広畜産大学構内
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アザラシとの共存探る 帯広畜大サークル『ゼニ研』」 と伝えています。
 帯広畜産大学のサークルで野生動物のゼニガタアザラシを調査する「ゼニガタアザラシ研究グループ(ゼニ研)」。35年前,アザラシ保護を目的に立ち上がった同サークルだが,近年は個体数調査(センサス)をメインに人間との共存の在り方を探っている。

 ゼニ研は1982年に設立。現部員は約20人で,襟裳岬や道東地域数カ所で年4回,センサスを行っている。一度の調査は1週間に及び,双眼鏡や望遠鏡などで500~800頭を確認する。

 一時は絶滅の危機にあったアザラシだが,近年は個体数が増加し,漁業被害が拡大している。「保護」を目的としたゼニ研も,「共存」を活動テーマに掲げるようになった。代表の今井菜々さん(畜産科学課程3年)は「センサスを続けることで,個体数の変化を見守ることができる」と活動の意義を強調。副代表の岡本朋子さん(同)は「海の中は見えず,個体数の増減は簡単には分からない。共存のため,少しでも役に立てれば」と願う。

-略-

----------------------

<ゼニガタアザラシ>

 北海道東部の沿岸から襟裳岬にかけて分布。2015年に絶滅危惧種から外れ,1ランク下の準絶滅危惧に変更。えりも地域では漁業被害が深刻化し,個体群管理手法確立などに取り組んでいる。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月16日 13時54分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170516-0026608.php
[PR]
b0171771_08170380.jpg
参考写真:カワアイサの親鳥とヒナ鳥
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B5

 音更町役場敷地内の池に,今年も カワアイサの親子 が姿を見せました。11羽のひなが親鳥の後ろを付いて泳ぎ,その様子を見ようと多くの見物客が訪れています。
 全国的にも知られた場所で,今年も今月に入ってから,既に2組の親子が確認されていいます。

b0171771_08175163.jpg
音更町役場
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「かわいいカワアイサ 音更に今年も親子が姿」 と伝えています。
 【音更】町役場敷地内の池に,今年もカワアイサの親子が姿を見せた。11羽のひなが親鳥の後ろを付いて泳ぎ,その様子を見ようと多くの見物客が訪れている。

 カワアイサは例年5,6組がこの池の付近で営巣し,1キロほど離れた音更川まで移動する。全国的にも知られた場所で,休日は池を取り囲むように写真愛好家が集まる。今年も今月に入ってから,既に2組の親子が確認されている。

 19日夕,池の周りでは10人を超える写真愛好家がカメラを構え,熱心にシャッターを切った。ほほ笑ましさに笑顔を見せる来庁者もいた。観察マナー守って 同所のカワアイサをめぐっては近年,全国から訪れる写真愛好家のマナーが問題にもなり,昨年は隣接する千畳敷公園の利用者と写真愛好家とのトラブルなどもあった。

-略-

(塩原真)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月20日14時37分の記事
[PR]
b0171771_01485989.jpg
参考写真:2代目中村獅童
=2011年8月
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E7%8D%85%E7%AB%A5_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

 5月20日,十勝毎日新聞社が主催する女性限定会員制クラブ「SALA(サラ)」の今年度第1回講演会が,帯広市民文化ホールで開かれました。
 初期の肺腺がんであることを公表した, 歌舞伎役者 中村獅童さんが講演 しました。
 中村さんは8歳で歌舞伎座の初舞台を踏み,2代目中村獅童を襲名し,歌舞伎のみならず,映画,舞台,テレビドラマなど多方面で活躍しています。

b0171771_01495841.jpg
勝毎日新聞社
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「「いつもと変わらないです」 中村獅童さん元気に講演」 と伝えています。
 十勝毎日新聞社が主催する女性限定会員制クラブ「SALA(サラ)」の今年度第1回講演会が20日午後,帯広市民文化ホールで開かれた。初期の肺腺がんであることを公表した,歌舞伎役者中村獅童さん(44)が講演。「僕,元気なんで。いつもと全く変わらないです」と明るい表情を見せ,来場者に歌舞伎の魅力や自身の生き方について語った。

 中村さんは8歳で歌舞伎座の初舞台を踏み,2代目中村獅童を襲名。歌舞伎のみならず,映画,舞台,テレビドラマなど多方面で活躍している。

-略-

 18日に公表した肺腺がんについて,「早い時期に見つかって良かったと思う」。6月上旬の手術予定とし,「がんも早く見つかれば,こんなに元気になるんだというお手本になりたい。まずは自分の病気に打ち勝って,皆さんに笑顔になってもらえるよう役者人生を歩んでいきたい」と復帰を誓った。(高津祐也)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月20日19時54分の記事
[PR]
b0171771_18591346.jpg
旧双葉幼稚園=2016年9月撮影撮影

 5月19日,国の文化審議会は,国の重要文化財(建造物)に新たに10件を登録するよう,文部科学大臣に答申しました。
 道内からは帯広市内の 旧双葉幼稚園の園舎 が挙がっています。
 園舎は,保育者で後の2代目園長臼田梅が発案し,1922年に完成しました。
 閉園する2013年まで90年以上使われ,現在は宗教法人日本聖公会北海道教区が所有しています。

 十勝毎日新聞が, 「双葉幼稚園園舎が国の重要文化財指定」 と伝えています。
 国の文化審議会は19日,国の重要文化財(建造物)に新たに10件を登録するよう,文部科学大臣に答申した。道内からは帯広市内の旧双葉幼稚園の園舎(東4南10)が挙がった。

 同園舎は1922年完成。当時の同園の保育者で後の2代目園長臼田梅が発案した。閉園する2013年まで90年以上使われた。10年に文化庁から,帯広初の国の登録有形文化財に指定された。現在は宗教法人日本聖公会北海道教区(札幌)が所有している。

 答申では,同園舎について「近代の幼稚園園舎の基本計画である遊戯室中心の平面を持ち,大正期建造の園舎としては希少」「球形,四角形,三角形などの基本図形を用いた明快かつ独創的意匠」と説明され,意匠的に優秀で歴史的な価値があることを指定の基準とした。

-略-

(大木祐介)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月19日17時00分の記事
[PR]
b0171771_02295359.jpg
参考写真:ヤマゲラ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170515-0026601.php

 帯広市内の山間部にあるエゾヤマザクラの木にキツツキ科の一種,雄のヤマゲラが巣作り に励んでいます。
 ヤマゲラは北海道の低山から丘陵の林にすみ,とがったくちばしで樹皮や幹に穴を開けました。

 十勝毎日新聞が, 「ヤマゲラ巣作り 帯広市内のエゾヤマザクラ」 と伝えています。
 帯広市内の山間部にあるエゾヤマザクラの木にキツツキ科の一種,ヤマゲラの雄が穴を開け,巣作りに励んでいる。木の幹に縦に止まり,雌を呼び寄せるような高い鳴き声を辺りに響かせている。

 周りには花が咲いているサクラの木がまだ多い。開いた穴の中からは,頭だけ出し,突いた木の破片や中で抜けた羽を外に出す様子も。盛んに「ピョッピョッ…」と鳴き,周囲を見渡している。

 ヤマゲラは北海道の低山から丘陵の林にすみ,とがったくちばしで樹皮や幹に穴を開ける。木から木へ移り,主に昆虫類をついばむが,地上でアリなどを食べることもある。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月15日 13時38分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170515-0026601.php
[PR]
b0171771_02450030.jpg
JAめむろ
=2014年8月撮影

 5月10日,芽室町内の小学生が農作物の栽培や収穫を通して 農業を学ぶ「めむろ農業小学校」 の開校式が,町中央公民館で開かれました。
 芽室の基幹産業である農業への理解や食に対する正しい知識を身につけてもらおうと1999年に始まりました。
 JAめむろ青年部上伏古支部のメンバーを“先生”に,ジャガイモやスイートコーン,ゴボウ,カボチャなどの種まき・苗植えから収穫・調理までを体験する予定です。

b0171771_02454040.jpg
芽室町中央公民館
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「楽しく農業学ぼう 芽室・開校式」 と伝えています。
 【芽室】町内の小学生が農作物の栽培や収穫を通して農業を学ぶ「めむろ農業小学校」(校長・宮西義憲町長)の開校式が10日,町中央公民館で開かれた。

 芽室の基幹産業である農業への理解や食に対する正しい知識を身につけてもらおうと1999年に始まった。JAめむろ青年部上伏古支部のメンバーを“先生”に,ジャガイモやスイートコーン,ゴボウ,カボチャなどの種まき・苗植えから収穫・調理までを体験する。7月にはアグリキャンプも行う。

 今年は町内の1~6年生49人が参加し,冬までの約7カ月間活動する

-略-

(澤村真理子)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月11日17時00分の記事
[PR]
b0171771_02595071.jpg
義経の里本別公園
=2016年5月撮影

 5月14日, 第59回 本別山渓つつじ祭り が,義経の里本別公園静山第1キャンプ場で開催されました。
 直径2mの鍋で豪快に作る恒例の「ジャンボ義経鍋」は1000食を用意し,1杯200円で提供されました。

b0171771_03024316.jpg
ジャンボ義経鍋
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「義経鍋に舌鼓 豆製品求め行列も 本別山渓つつじ祭り」 と伝えています。
 【本別】「第59回本別山渓つつじ祭り」(実行委員会主催,十勝毎日新聞社など後援)が14日,義経の里本別公園静山第1キャンプ場で開かれた。

 直径2メートルの鍋で豪快に作る恒例の「ジャンボ義経鍋」(豚汁)は1000食を用意し,1杯200円で提供。地場産の黒豆みそや豆腐,豚肉を使った名物を求めて長い列ができた。

 やや肌寒い天候だったが晴れ間ものぞき,十勝管外からも続々と来場。

-略-

 園内のエゾムラサキツツジは見頃を過ぎたが,「るみるみ」の物まねライブ,ゲーム大会に歓声が上がり,約20ある味覚のブースも盛況だった。(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月14日12時08分の記事
[PR]
b0171771_02005064.jpg
参考写真:アホウドリ成鳥
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%AA

 5月6日,国の特別天然記念物で環境省の絶滅危惧II類に指定されている アホウドリの成鳥 が,浦幌町厚内漁港約 30km沖合で確認 された。
 2010年に始まった関係者による十勝沖での調査開始以来,成鳥が確認されたのは初めてで,2011~15年に6羽を確認しましたが,いずれも幼鳥から亜成鳥でした。
 道内でも戦後からは,幼・成鳥合わせてほとんど確認されていません。

b0171771_02010633.jpg
厚内漁港(浦幌町)=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「浦幌沖にアホウドリ 十勝で成鳥初確認」 と伝えています。
 国の特別天然記念物で環境省の絶滅危惧II類に指定されているアホウドリの成鳥が6日,浦幌町厚内漁港約30キロ沖合の海上で確認された。2010年に始まった関係者による十勝沖での調査開始以来,成鳥が確認されたのは初めて。

 道東鳥類研究所(池田)の千嶋淳代表(41)が,チャーターした大津漁協の第23白鴎丸(栗山勝巳船長)船上から,海上を飛ぶ成鳥1羽を確認した。

 初の確認に,千嶋さんは「保護活動が実り,数が増加しているため」と分析している。  アホウドリは翼を広げると2メートル以上にもなる大型の海鳥。調査では11~15年に6羽を確認しているが,いずれも幼鳥から亜成鳥だった。道内でも戦後からは,幼・成鳥合わせてほとんど確認されていない。

 6日は船上から双眼鏡で確認。数十メートルまで近づいての撮影にも成功した。

-略-

 今回確認された個体は,繁殖後にベーリング海へ北上する途中に道東太平洋を通過したとみられる。夏場の北太平洋はプランクトンが多く発生して餌となる魚類が豊富なため,鳥類も集まるという。

 千嶋さんは「道東太平洋は南半球と北半球の鳥が混在する『海鳥の交差点』。十勝の海が豊かな証拠でもある」とする。

-略-

(塩原真)

-----------------------------

<アホウドリ>
 20世紀初頭は北西大西洋に600万羽が生息していたが,乱獲の影響で一時,絶滅が宣言された。その後,伊豆諸島の鳥島(東京)で10羽ほど確認され,保護活動により現在は3500羽以上に回復している。今でも集団繁殖地は世界で鳥島と尖閣諸島に限定されている。2008~12年には小笠原諸島の聟島(むこじま,東京)に移送するプロジェクトが山階鳥類研究所(千葉)などにより進められた。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年5月10日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170510-0026565.php
[PR]
 
b0171771_01164266.jpg
参考写真:オオバナノエンレイソウ
=2006年7月,雨竜沼湿原で撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6

 昨年の台風で甚大な被害を受けた芽室町内の新嵐山スカイパークで,今年も オオバナノエンレイソウが 見事な花 を咲かせました。
 台風では美生川が氾濫し,パークにある国民宿舎新嵐山荘の一部が浸水し,オートキャンプ場やパークゴルフ場も大きな被害を受け,キャンプ場は今も復旧の見通しが立っていません。

b0171771_02392751.jpg
民宿舎新嵐山荘
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「台風に負けず オオバナノエンレイソウ見頃 芽室」 と伝えています。
 昨年の台風で甚大な被害を受けた芽室町内の新嵐山スカイパークで,オオバナノエンレイソウが今年も見事な花を咲かせた。台風時,群生地には川の濁流が押し寄せた。

 相馬光明支配人は「今年は見られないのではと諦めていたが,野生は強い。勇気をもらいます」と話している。

 台風では美生川が氾濫し,同パークの国民宿舎新嵐山荘の一部が浸水し,オートキャンプ場やパークゴルフ場も大きな被害を受けた。キャンプ場は今も復旧の見通しが立っていない。  展望台入り口の道路の南北に広がるオオバナノエンレイソウ群生地には,濁流が道道を横切って押し寄せ,道路もえぐられた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月10日 13時51分の記事

[PR]