b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_05254941.jpg
おびひろ氷まつり
=2017年2月撮影

 2月2~4日に開催される「第55回おびひろ氷まつり」で初開催される花火ショー『Fire& Ice Show Passion』に, 帯広三条高校吹奏楽部 が出演し, オープニングのファンファーレ を担当します。
 花火ショーでは,帯広市緑ケ丘公園の会場で,バレエ音楽「ラ・ペリ」のファンファーレを金管16人編成で披露します。

b0171771_05265783.jpg
帯広三条高校
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『演奏で花火盛り上げを』 氷まつり出演の帯広三条高校吹奏楽部」 と伝えています。
 第55回おびひろ氷まつり(2月2~4日開催)で初開催される花火ショー「Fire& Ice Show Passion」(同3日,十勝毎日新聞社主催)に,帯広三条高校吹奏楽部(大谷桃子部長,部員48人)が出演し,オープニングのファンファーレを担当する。冬の屋外という演奏には厳しい環境だが,部員たちは「花火を盛り上げたい」と熱い心で練習に励んでいる。


(宮本敬)


 「人は思い描いた音しか出せない。だからもっとイメージをもて」。冬休みの部室に,顧問の島田聖二教諭の熱のこもった声が響いた。指導は演奏,指導,改善を速いテンポで繰り返す。「自分の音を殺すと周りの音も殺してしまう。だったら思い切って行け」と部員を鼓舞する場面も。

 花火ショーでは,帯広市緑ケ丘公園の会場で,バレエ音楽「ラ・ペリ」のファンファーレを金管16人編成で披露する。「とても難しい曲ではあるが,部員と作りあげたい」と島田教諭。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月23日10時21分の記事
[PR]
b0171771_20250185.jpg
参考写真:ウィスコンシン州の州都マディソン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E5%B7%9E

 1月28日, 「世界を知ろう! 米国ウィスコンシン州」をテーマに 英語の講演会 が,中札内村文化創造センター視聴覚室で開かれます。
 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー非常勤講師のダニエル・バンハートさんが,生まれ育ったウィスコンシン州や文化,米国人から見た十勝の印象について,英語を交えながら紹介します。

b0171771_20384012.jpg
中札内村文化創造センター
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「十勝の印象 英語で語る 28日」 と伝えています。
 【中札内】「世界を知ろう! アメリカのウィスコンシン州」(中札内英会話サークル主催)が28日午後2時から,村文化創造センター視聴覚室で開かれる。

 同サークルの男性講師でダニエル・バンハートさん(28)=ジョイ・イングリッシュ・アカデミー非常勤講師=が,生まれ育ったウィスコンシン州や文化,米国人から見た十勝の印象について,英語を交えながら紹介する。

 同サークルの下埜智加さんは「日本語訳が付くので,気軽に英語に親しんでほしい」と話している。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月22日12時24分の記事
[PR]
b0171771_20462362.jpg
十勝バス
=2014年8月撮影

 十勝バスが販売しているオリジナルの 「勝ますシール」 が,受験生などに好評です。
 十勝バスの愛称「かちバス」とかけた縁起の良いネーミングの商品で,帯広駅バスターミナルや十勝バス本社で販売されています。

b0171771_20453070.jpg
十勝バス本社
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『勝ますシール』 受験シーズン迎え好評」 と伝えています。
 十勝バス(帯広,野村文吾社長)が販売しているオリジナルの「勝ますシール」が,受験生などに好評だ。同社の愛称「かちバス」とかけた縁起の良いネーミングの商品で,同社は「受験シーズンの験担ぎにどうぞ」とPRしている。

 同社が2014年から販売している。通年で販売しているが,受験シーズンと重なる1~3月に人気となる。今年も受験生を中心に売れ行きが良いという。

 お守り,だるま,絵馬が描かれたデザインで,それぞれシールとして貼れる仕様になっている。1枚300円。帯広駅バスターミナルや十勝バス本社で販売している。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月19日20時20分の記事
[PR]
b0171771_02213891.jpg
しかりべつ湖コタン
=2017年2月撮影

 結氷した湖上に厳冬期限定で出現する 雪と氷の村 「しかりべつ湖コタン」 開村に向けた会場の設営作業が,然別湖畔園地で着々と進んでいます。
 今年で37回目を迎える冬の風物詩で,1月27日~3月21日,鹿追町と実行委員会の主催で行われます。
 氷上露天風呂隣に,今回は新たに「足湯」が登場します。

b0171771_02215704.jpg
イグルーの内部=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「コタン造成作業のスタッフ激励 鹿追・然別湖」 と伝えています。
 【鹿追】結氷した湖上に厳冬期限定で出現する雪と氷の村「しかりべつ湖コタン」(27日~3月21日,町・実行委主催)開村に向けた会場の設営作業が,然別湖畔園地で着々と進んでいる。

 今年で37回目を迎える冬の風物詩。湖から切り出す氷やシャーベット状の雪で,アイスバーやコンサートホール,アイスシアターなどが造成され,今回は新たに氷上露天風呂隣に足湯が登場する。音楽ライブや氷のグラス作り,スノーモービル,アイスロッジ宿泊などさまざまなアクティビティを体験することができ,昨年は約3万8200人の観光客が来場した。

 年明けから厳しい寒さの中,実行委の中心メンバーの然別湖ネイチャーセンタースタッフや台湾・道内各地からのボランティア,自衛隊員など約30人が施設の建設作業,雪のブロックづくりに取り組んでいる。

-略-

(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月16日17時59分の記事
[PR]
b0171771_02404442.jpg
晩成温泉
=2016年8月撮影

 1月16日, 晩成温泉で火災 が発生し,温泉施設に隣接する管理棟の内部を全焼しました。
 施設は大樹町所有で,民間事業が指定管理で運営していて,町はガラス交換などの対応を進めるが,再開までに少なくとも1週間程度はかかる見通しです。

b0171771_02410822.jpg
晩成温泉
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「晩成温泉管理棟を全焼 営業を停止 大樹」 と伝えています。
 【大樹】16日午前2時5分ごろ,晩成温泉(町晩成2)で火災が発生し,温泉施設に隣接する管理棟の内部を全焼した。早期の営業再開は難しく,少なくとも23日まで1週間程度は営業を休止する。

 16日は休館日で,深夜のため利用者はなく,従業員2人が浴槽の清掃中で管理棟は無人だった。従業員が119番通報し,消防車両5台が出動して,約1時間半後に消し止められた。従業員は逃げて無事だった。

-略-

 施設は町所有で,民間事業が指定管理で運営している。町はガラス交換などの対応を進めるが,再開までに少なくとも1週間程度はかかる見通し。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月16日12時52分の記事
[PR]
b0171771_05354079.jpg
浦幌町図書館
=2017年8月撮影

 1月11日,浦幌町立図書館主催の 「つくろう! はこのおりがみ教室」 が,浦幌町教育文化センター1階のロビーで開かれました。
 子どもから大人まで26人が参加して,縦横10.5cm×高さ8.5cmの箱型を作り,最後に持ち手を付けて手さげボックスを完成させました。

b0171771_05360988.jpg
浦幌町教育文化センター
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「箱の折り紙作り挑戦 浦幌博物館」 と伝えています。
 【浦幌】「つくろう!はこのおりがみ教室」(町立図書館主催)が11日,町教育文化センター1階のロビーで開かれた。

 子どもから大人まで26人が参加。帯広市内の「おりがみサークル・パピロフレンズ」の三浦将宏代表が講師を務めた。

 参加者はA3サイズの紙を山折り,谷折りなどを繰り返し,縦横10・5センチ×高さ8・5センチの箱型を作り,最後に持ち手を付けて手さげボックスを完成させた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月12日18時29分の記事
[PR]
b0171771_05404567.jpg
本別警察署
=2014年8月撮影

 「110番の日」の1月10日,本別警察署は町内のフクハラ本別店で啓発活動を行いました。
 この日は,町のマスコットキャラクター 「元気くん」が1日警察署長 となり,署員8人とともに道行く買い物客や子どもたちに啓発グッズを手渡しました。

b0171771_05385129.jpg
「元気くん」
=2016年5月,道の駅で撮影

 十勝毎日新聞が, 「『元気くん』が1日署長 110番の日で啓発 本別」 と伝えています。
 【本別】「110番の日」の10日,本別署(松谷剛署長)は町内のフクハラ本別店で啓発活動を行った。

 「110番」の正しい利用方法を周知しようと,毎年開いている。この日は,町のマスコットキャラクター「元気くん」が1日警察署長となり,署員8人が参加。特殊詐欺防止を呼び掛けるチラシも含め,道行く買い物客や子どもたちに啓発グッズを手渡した。

 同署の昨年の110番受理件数は,前年より38件少ない526件。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月12日14時29分の記事
[PR]
b0171771_18423987.jpg
参考写真:タウシュベツ川橋梁=
2007年3月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%99%E3%83%84%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E6%A2%81

 十勝バスは,予約制の ぬかびら源泉郷スキー&スノボ特別パック を販売しています。
 1月13日からは,タウシュベツ川橋梁を巡る「湖上ハイキングゆったり温泉パック」も運行し,専門ガイドとタウシュベツ川橋梁を探索しまする。

b0171771_05451392.jpg
十勝バスぬかびら源泉郷営業所=2016年9月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「『ぬかびら源泉郷』バスパック販売 十勝バス」 と伝えています。
 十勝バス(帯広)は,予約制の「ぬかびら源泉郷スキー&スノボ特別パック」を販売している。13日からはタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)を巡る「湖上ハイキングゆったり温泉パック」を運行する。

 「スキー&スノボパック」はバスの往復料金,ぬかびら源泉郷スキー場(上士幌町)の1日リフト券が付いて大人3000円,小学生1400円。中・高・大学生は学生証の持参で2000円。いずれもプラス1000円で用具レンタルが付く。3月25日まで日曜,祝日運行(今月7,14日を除く)。

 13日から運行する「湖上ハイキングゆったり温泉パック」はスノーシューを履き,専門ガイドとタウシュベツ川橋梁を探索する。中学生以上が対象で,料金は5000円。3月31日まで毎日運行する。5日前までの予約が必要。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月04日10時52分の記事
[PR]
b0171771_08224639.jpg
参考写真:ニホンオオカミの剥製
(国立科学博物館所蔵)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

 足寄町の足寄動物化石博物館は,戌(いぬ)年にちなんだ ロビー展「干支動物展」 を開いています。
 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨を展示っしています。

b0171771_08235215.jpg
足寄動物化石博物館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「干支の戌にちなみ動物展 足寄動物化石博物館」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は,戌(いぬ)年にちなんだロビー展「干支(えと)動物展」を開いている。

 犬はオオカミから派生し,人により家畜化され,さまざまな種類が誕生してきた。どの犬種同士,そしてオオカミとも交配できる。

 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨(レプリカ含む)を展示。犬に近いタヌキやキツネ,アシカの骨格も公開している。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月10日14時20分の記事
[PR]