b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_09421996.jpg第12回東京本別会総会
日時:2015年6月20日(土)午5時
会場:スクワール麹町(四ッ谷駅)
 第12回「東京本別会」総会・懇親会が開催されました。故郷本別町からは,高橋正夫町長・方川一郎町議会議長,前田芳雄本別中学校同窓会会長らが出席されました。また,4組のご夫妻も参加されました。なお,当日の様子が,十勝毎日新聞で紹介されました。
 第13回総会は,2017年6月の開催の予定です。
b0171771_16402937.jpg
仙美里中学校67年の歴史に幕

 故郷の本別町では、平成26年3月で
仙美里中学校が閉校 し、現在中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 その一校
本別中学校(左写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,昨年(平成25年)度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。今年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
◆「北海道産直フェア」出店中止のお知らせ
 例年、秋の東京・代々木で実施されている「北海道産直フェアin代々木」に、東京本別会は 本年(2016年)より、出店を中止 しましたので、お知らせいたします。

b0171771_05360157.jpg 新宿高層ビル街での「北海道ふるさと会」単独の草創期の「産直フェア」から、代々木公園での大規模な「北海道フェアin代々木」に会場を移しても、10数年にわたり、「東京本別会」の会員の皆様、関係者の皆様、また本別町役場並びに地元の生産者や業者のご協力をいただき、出店を続けて参りました。
 販売に当たっては,特に,本別産の各種の『豆』は、首都圏の主婦の皆様に「美味しい」「品質がちがう」と信頼され、多くのリピーターの方々が「東京本別会」の販売店に毎回足を運んで、ご購入いただいて参りました。五合升での量り売りは,購入者の心をくすぐる「一握りおまけ付き」のおもてなしで,好評を受けてきました。
 これまで出店に際し,皆様の温かいご支援に,心から感謝しいたします。ありがとうございました。

b0171771_11070572.jpg さて、今年から「フェア」の開催期間・出店時間が延長され、前日の出店準備も含めて担当者の負担が大きくなって参りました。また,諸経費の増加などもあって出店の条件が厳しい状態です。
 役員一同で慎重に検討した結果、「フェア」への出店を,残念ながら見送ることになりました。
 何とぞ、皆様にご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

 なお、「フェア」の出店を除き、東京本別会の事業は,従来通り活動を続けて参ります。どうぞ、これからも、ご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。

参考サイト:「第28回北海道フェアin代々木」HP
http://www.hokkai-syokudo.co.jp/yoyogi.php

[PR]
b0171771_01323840.jpg
北海道教育大学旭川校
=2015年8月撮影

 12月11日,北海道教育大学旭川校音楽科卒の十勝管内小・中学校に勤務する教諭5人らの 音楽グループ「オルフェ」の クリスマスコンサート が,音更小学校体育館で開かれます。
 2部構成で,1部は5人がピアノや歌,アルトサックスなどのソロ演奏,2部はアンサンブルや,ピアノのリレー連弾をします。

b0171771_01325008.jpg
参考写真:アルトサクソフォーン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%B3

 十勝毎日新聞が, 「11日にオルフェクリスマスコンサート 音更」 と伝えています。
 【音更】北海道教育大学旭川校音楽科卒の十勝管内小・中学校に勤務する教諭5人らの音楽グループ「オルフェ」のクリスマスコンサートが,11日午後2時~同4時,音更小学校体育館で開かれる。

 同グループによるコンサートは,2月の中札内に次ぎ2回目。今回はクリスマスシーズンに合わせて開催する。2部構成で,1部は5人がピアノや歌,アルトサックスなどのソロ演奏,2部はリコーダーや鍵盤ハーモニカのアンサンブルや,ピアノのリレー連弾などでクリスマスにちなんだ曲などを多彩に演奏する。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年12月09日18時00分の記事
[PR]
b0171771_21273737.jpg
建設中の「ガーデンスパ十勝川温泉」=2016年9月撮影

 12月8日,十勝川温泉旅館協同組合が運営する温浴施設 ガーデンスパ十勝川温泉 が,グランドオープンしました。
 オープンに先立ち,午前11時から現地でオープニングセレモニーが行われ,関係者が温泉地区に生まれた新たな観光拠点のスタートを祝いました。
 この温泉は旧グランドホテル雨宮館跡地に建設され,建物は木造平屋一部RC造りです。

b0171771_21242197.jpg
旧グランドホテル雨宮館
=2010年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ガーデンスパ開業 「ブランド化進める」 十勝川温泉」 と伝えています。
 十勝川温泉旅館協同組合(林文昭代表理事)が運営する温浴施設「ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)が8日午後0時半,グランドオープンした。オープンに先立ち,午前11時から現地でオープニングセレモニーが行われ,関係者が温泉地区に生まれた新たな観光拠点のスタートを祝った。

 同施設は旧グランドホテル雨宮館跡地に建設。建物は木造平屋一部RC造りで,延べ床面積は1133平方メートル。カラマツ材を多用し,木のぬくもり感を打ち出した。施設の総事業費は約7億3700万円。11月26日にプレオープンしている。

 施設のメインはモール温泉の温浴施設「SPA KOHAKU(すぱ・こはく)」。湯あみ着で混浴する新しい温泉の楽しみ方を提案。この他,十勝の食材を生かした飲食店や生ハム,チーズの加工体験工房,観光案内所などを設置。屋外にはモール温泉の足湯がある。年間の来場者数は20万人を見込む。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年12月8日 14時09分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201612/20161208-0025373.php
[PR]
b0171771_07472898.jpg
交流スペース「Ponte」=2016年9月撮影

 12月4日、池田町の空き店舗を活用した 交流スペース「Ponte(ポンテ)」で、 「ロングランたこ焼き屋」 が始まりました。
 「Ponte」は池田町商工会が創業支援として行っているチャレンジショップとしても活用されており、半月に及ぶ初の長期出店となりまする。
 出店したのは町地域おこし協力隊の山本紀子さんで、18日まで営業する予定です。

b0171771_07484102.jpg
参考写真:たこ焼き
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%93%E7%84%BC%E3%81%8D 

 十勝毎日新聞が, 「交流スペースにたこ焼き店 池田」 と伝えています。
 【池田】空き店舗を活用した交流スペース「Ponte(ポンテ)」(町大通4)で4日、「ロングランたこ焼き屋」が始まった。同所は町商工会が創業支援として行っているチャレンジショップとしても活用されており、半月に及ぶ初の長期出店となる。18日まで営業している。

 出店したのは町地域おこし協力隊の山本紀子さん(38)。学生生活やデザイン業など社会人生活を17年間神戸で過ごし、たこ焼きに魅了された。昨年4月に同協力隊になった。今年はたこ焼き店の起業を目指して、町内イベントで4回たこ焼き店を臨時出店し、腕を磨いてきた。町内在住で山本さんと一緒に移住してきた西尾昌広さん(37)も協力している。

 今回は中玉10個400円で販売。味付けは、ねぎポン、どろソース、ソース、甘口ソースの4種類を用意した。

-略-
(関坂典生)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年12月06日6時30分の記事
[PR]
b0171771_06090876.jpg
足寄町学校給食センター
=2015年8月撮影

 12月3,4の両日,全国の学校給食調理関係者が地場産品使用の献立や栄養価などを競う「第11回全国学校給食甲子園」の決勝大会が,東京都豊島区の女子栄養大学で開かれました。
 北海道・東北ブロック代表の 足寄町学校給食センターが,初優勝 に輝きました。
 足寄町特産のラワンブキやチーズなど,足寄・十勝産素材づくしのメニューや調理技術が評価され,北海道勢として初めて,出場2004校・施設の頂点に立ちました。
 審査は採点方式で「地場産品に恵まれた地域は厳しい採点」となりましたが,旬ではないラワンブキも水煮ながら,素材を生かした調理が高評価を得ました。

第11回全国学校給食甲子園結果
優 勝 「足寄町学校給食センター」
準優勝 京都府「宇治田原町立学校給食共同調理場」
特別賞 埼玉県「毛呂山町学校給食センター」
    富山県「魚津市学校給食センター」
    奈良県「宇陀市立学校給食センター」

b0171771_06111784.jpg
ラワンブキ水煮
=2011年8月,道の駅足寄で撮影

 十勝毎日新聞が, 「足寄給食センター優勝 全国「甲子園」」 と伝えています。
 全国の学校給食調理関係者が地場産品使用の献立や栄養価などを競う「第11回全国学校給食甲子園」(NPO法人21世紀構想研究会主催)の決勝大会が3,4の両日,都内の女子栄養大学で開かれ,北海道・東北ブロック代表の足寄町学校給食センターが初優勝した。町特産のラワンブキやチーズなど,足寄・十勝産素材づくしのメニューや調理技術が評価され,北海道勢として初めて,出場2004校・施設の頂点に立った。

-略-

 足寄町センターは,栄養教諭の吉田美優さん(24),調理員の廣田裕美さん(39)のペア。「螺湾(らわん)ぶきの繊維たっぷり飯」,道産タラとコーン,とかちマッシュなど「十勝の集大成」のホイル焼き,温泉熱で栽培する町産イチゴをカボチャ,ナガイモと3色団子に仕上げるなど,足寄・十勝産にこだわり,十勝から初の決勝に進んだ。

 決勝大会では,60分間で6人分を調理し,栄養士や有識者などの審査委員16人から衛生管理や食味などの審査を受けた。

 審査は採点方式で「地場産品に恵まれた地域は厳しい採点」(審査委員)となったが,旬ではないラワンブキも水煮ながら,素材を生かした調理が高評価を得た。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年12月5日 13時43分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201612/20161205-0025341.php

[PR]
b0171771_19274925.jpg
日本罐詰十勝工場正門(芽室町)=2012年8月撮影

 12月5日,台風10号で浸水被害を受け,操業を停止している 日本罐詰十勝工場 について,親会社の明治は,国産シェア75%を占めるスイートコーンなどの缶詰製造から撤退,スイートコーンをパック詰めして販売する 「レトルトパウチ事業」 を中心にビジネスモデルを再構築する方針を発表しました。
 来年6月に操業を再開する計画で,工場の復旧と設備更新は総額30億円程度になる見込みで,順次実施していきます。
 8月の台風で日本罐詰十勝工場は,芽室川の水が流れ込み,施設が1.5mの高さまで浸水する大きな被害を受けました。

b0171771_19280032.jpg
工場近くの芽室橋から望む芽室川
=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「レトルト主力に転換 日本罐詰十勝工場」 と伝えています。
来年6月再開 缶詰製造は撤退
 台風10号で浸水被害を受け,操業を停止している日本罐詰十勝工場(町西9ノ9)について,親会社の明治(本社東京)は5日,国産シェア75%を占めるスイートコーンなどの缶詰製造から撤退,スイートコーンをパック詰めして販売する「レトルトパウチ事業」を中心にビジネスモデルを再構築する方針を発表した。来年6月に操業を再開する。工場の復旧と設備更新は総額30億円程度になる見込みで,順次実施していく。

 明治によると,再建計画は「十勝農業の維持・発展」を重視。少子高齢化や仕事を持つ主婦の増加による簡便志向の高まりなどから,将来性が見込める「レトルトパウチ事業」(ホールコーン,クリームコーン,コーンスープなど)の拡大と,付随する「凍菜製造・販売事業」の継続・拡大を決めた。

 設備更新費用なども総合的に考え,缶詰事業と調理冷凍食品事業(「明治オムハヤシ」など)は再開しないこととした。

-略-

 同工場は1971年創業。8月の台風で同工場は,芽室川の水が流れ込み,施設が1.5メートルの高さまで浸水する大きな被害を受けた。

 スイートコーン加工の最盛期だったが,2割の進捗(しんちょく)で被災,残りの受け入れと加工を断念した。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年12月5日 13時45分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201612/20161205-0025342.php
[PR]
b0171771_05080259.jpg
おびひろ動物園入口
=2015年8月撮影

 12月3日,おびひろ動物園の 冬季開園が,スタート しました。
 午前11時に開演すると,動物たちの冬の表情を見ようと家族連れらが訪れました。

◇おびひろ動物園冬期開園
▽期間:平成28年12月3日(土)〜平成29年2月26日(日)
▽曜日:土・日・祝日
▽時間:11:00〜14:00

参考サイト:おびひろ動物園ホームページ
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/zoo/

b0171771_05115902.jpg
おびひろ動物園案内図=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「寒くないかな? おびひろ動物園 冬季開園始まる」 と伝えています。
 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の冬季開園が3日午前11時にスタートし,動物たちの冬の表情を見ようと家族連れらが訪れた。

 この日は青空が広がり,正午までの気温は6.5度に上昇。冬毛に生え変わったシカやバイソンの他,暖かい地域に生息するゾウやカンガルーなども屋外に展示された。  来園者は飼育員が動物の特性を説明するスポットガイドにも聞き入っていた。

-略-

 冬季開園は来年2月26日までの毎週土・日曜と祝日。午前11時~午後2時(年末年始を除く)。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年12月3日 13時41分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201612/20161203-0025330.php
[PR]
b0171771_21103699.jpg
参考写真:本館向かいにある源泉
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E9%87%8E%E6%B8%A9%E6%B3%89

 十勝に甚大な被害をもたらした台風10号の大雨災害から,11月30日で3カ月が経過します。各地で復旧が進む中, 鹿追町然別の秘湯「かんの温泉」 は道路が通行できず,休業が続いています。
 全国からの激励や新たな仲間の存在を力に,運営する鹿追ホットスプリングス(鹿追)の勝海敏正社長は「個性的な温泉宿を改めて追求し,来年4月の営業再開を目指したい」と語ります。
参考サイト:かんの温泉公式ホームページ
http://www.kanno-onsen.com/

 十勝毎日新聞が, 「鹿追かんの温泉 来春『再復活』 番犬もデビュー待つ」 と伝えています。
台風3カ月 休業続く十勝に甚大な被害をもたらした台風10号の大雨災害から,30日で3カ月が経過する。各地で復旧が進む中,鹿追町然別の秘湯「かんの温泉」は道路が通行できず,休業が続いている。全国からの激励や新たな仲間の存在を力に,運営する鹿追ホットスプリングス(鹿追)の勝海敏正社長(61)は「個性的な温泉宿を改めて追求し,来年4月の営業再開を目指したい」と語る。

 台風10号が猛威をふるった8月30日は休業日で,宿泊客はいなかった。だが,従業員3人は孤立し,3日後の9月2日にヘリコプターで救助された。

 山林に囲まれた施設は大雨で土砂が流れ込み,壁の一部が壊れ,浴槽2カ所が被害に遭った。鹿追市街地からつながる道道1088号は数カ所で崩れ,同温泉の約9キロ手前で通行止めに。9,10月に予約があった約300件の宿泊はキャンセルを余儀なくされた。

-略-

 全国のファンからメールや見舞金が届き,再開に向けた励みになっている。さらに心強い仲間も加わった。それは被災した8月30日の日中,番犬にするため保健所から引き取った生後2カ月ほどの雄の子犬だ。

 従業員3人と共にヘリで救助されたこの犬は,「レイン坊」と名付けられた。雨(レイン)を連想させつつも,虹(レインボー)という希望の名を与えられた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年11月29日 14時04分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201611/20161129-0025297.php
[PR]
b0171771_19185324.jpg
温泉熱イチゴ
=2015年8月,道の駅足寄で撮影

 JAあしょろは新年度,町内新町で, 温泉熱を利用したイチゴ栽培 の増産体制に入ります。
 出資型法人「合同会社足寄ぬくもり農園」が事業主体で,現在4棟のハウスを9棟に拡大し,当面は年1万4000kgの通年栽培を目指します。
 使用するイチゴは,信州大学が開発した「四季成り性」品種の「信大BS8-9」です。

参考サイト:夏秋イチゴ「信大BS8-9」の魅力

http://www.shinshu-u.ac.jp/zukan/communication/bs8-9.html

 十勝毎日新聞が, 「温泉熱イチゴ増産へ ハウス倍増 JAあしょろ」 と伝えています。
 JAあしょろ(新津賀庸組合長)は新年度,町内新町で,温泉熱を利用したイチゴ栽培の増産体制に入る。同JAの出資型法人「合同会社足寄ぬくもり農園」(太刀野真代表,9人)が事業主体で,現在4棟のハウスを9棟に拡大,当面は年1万4000キロの通年栽培を目指す。新規就農や産地ブランド化を視野に入れる。総事業費は6570万円。

 使用するイチゴは,信州大学が開発した「四季成り性」品種の「信大BS8-9」。同大教授が足寄を視察した際,温泉熱のハウスで栽培が可能とし,同JAが2013年から試験栽培を行ってきた。
-略-

 新たにハウス5棟を造成する他,温泉熱を効率的にハウス内に伝える熱交換器を設置。循環水が流れるパイプを配した培地(高設栽培の土部分)の温度を一定に保つ。夏は地下水を流して冷やす。
-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年11月30日 14時07分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201611/20161130-0025304.php
[PR]