b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_03280099.jpg
参考写真:「唐竿」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E6%A3%B9

 10月4日,音更町柳町南区に住む高齢者親睦グループ「なかよしクラブ」は,家庭菜園で育てたソバを収穫しました。
 約600㎡に,道内で古くから栽培されていた「ぼたんそば」を栽培しました。
 昔の木製農機具 「唐竿(からさお)」を使って脱穀作業 に汗を流しました。

 十勝毎日新聞が, 「懐かし「唐竿」で汗 ソバ脱穀 高齢者グループ 音更」 と伝えています。
 音更町柳町南区に住む高齢者親睦グループ「なかよしクラブ」(会員7人)は4日,家庭菜園で育てたソバを収穫した。「唐竿(からさお)」と呼ばれる昔の木製農機具を使い,脱穀作業に汗を流した。

-略-

 ソバは余った畑を利用して共同で栽培。約600平方メートルに,道内で古くから栽培されていた「ぼたんそば」を植えた。

 「年寄りのグループなので,昔ながらの方法で脱穀しよう」と唐竿を使うことを思いついた。4日の収穫作業には5人が参加。近くの農家などに保管してあった唐竿を譲り受け,手慣れた手つきで収穫したソバをたたき,実を落とした。

-略-

<唐竿(からさお)>
 穀物の脱穀作業に使用する道具。長い竹ざおの先端に,回転する短い棒を取り付けた形状をしている。このさおを持ち,むしろの上に広げられた穀物を,短い棒を回転させながらたたき,脱穀する。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月11日 13時48分の記事
[PR]
b0171771_17053025.jpg
参考写真:自衛隊島松駐屯地(北海道恵庭市)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%9D%BE%E9%A7%90%E5%B1%AF%E5%9C%B0

b0171771_08211276.jpg
とかち館(帯広市)
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「恵庭事件の映画上映」 と伝えています。
 ◆映画「憲法を武器として 恵庭事件知られざる50年目の真実」上映会  帯広市内のとかち館で9月27日に開かれ,約100人が参加した。

 安保法制違憲道東訴訟弁護団の主催。恵庭事件は1962年,恵庭の陸上自衛隊演習場そばの牧場経営者が演習の騒音に抗議し,通信連絡線を切断して罪に問われた。裁判で自衛隊の合憲・違憲が争われ,67年に無罪判決が出た。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月07日15時01分の記事
[PR]
b0171771_02383515.jpg
幕別町百年記念ホール=2014年9月撮影

 10月8日, 第40回まくべつ産業まつり が,幕別町百年記念ホール前特設会場で開かれました。
 地元野菜や特産品の即売,幕別産和牛の試食販売などが人気を集め,飛距離を競う女子カボチャ投げ大会も行われました。

b0171771_19535881.jpg
参考写真:世界のカボチャ

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%81%E3%83%A3

 十勝毎日新聞が,「カボチャ熱投 まくべつ産業まつり」 と伝えています。
 第40回まくべつ産業まつり(実行委主催)が8日,町百年記念ホール前特設会場で開かれ,地元野菜や特産品の即売,幕別産和牛の試食販売などが人気を集めた。

 飛距離を競う女子カボチャ投げ大会や,ものまねの針谷紀久子さん,演歌歌手大江裕さんのステージも盛り上がりを見せた。イベントの節目を記念し,40回連続で出店している竹葉寿司(町札内,杉山雪男店主)に感謝状が贈られた。

-略-

 同会場ではサッカーのPK戦で競う「蹴-1GP(けりわんぐらんぷり)」の北海道幕別大会(実行委,幕別札内スポーツクラブ主催)も行われ,味覚とスポーツの秋がにぎやかに繰り広げられた。

以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年10月8日 13時59分の記事の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171008-0027642.php
[PR]

b0171771_16492653.jpg
人間ばん馬の像
=2017年8月,置戸町で撮影

 10月8日,帯広競馬場の本コースを使って重さ100kgを超える鉄そりを引く 「2017ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」 が開かれました。
 全29チームが白熱したレースを繰り広げ,北大陸上部の投てき部門チー ム「ようこそササジパークへ~あなたはどのフレンズがお好きですか?~」が,3年ぶり2回目の優勝を果たした。
 7日に開幕した「とかちばん馬まつり」の目玉イベントとして行われ,今年は帯広市の姉妹都市・静岡県松崎町のチームも出場しました。

b0171771_16450381.jpg
帯広競馬場
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝」 と伝えています。
 帯広競馬場の本コースを使って重さ100キロを超える鉄そりを引く「2017ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」が8日,開かれた。全29チームが白熱したレースを繰り広げ,北大陸上部の投てき部門チーム「ようこそササジパークへ~あなたはどのフレンズがお好きですか?~」が,3年ぶり2回目の優勝を果たした。

 7日に開幕した「とかちばん馬まつり」(帯広商工会議所青年部主催)の目玉イベント。今年は帯広市の姉妹都市・静岡県松崎町のチームも出場した。本コース200メートルのうち前半110メートルを女性騎手が走り,そこから騎手を乗せた鉄そりを5人一組で引きながらゴールを目指す。

 決勝には予選を勝ち抜いた5チームが出場。各チームは重さ約180キロの鉄そりを引きながら,最大の難所である高さ約1.7メートルの障害を「勝つぞ」などと気勢を上げながら登った。ゴール手前で競り合うチームもあり,終了後は息を切らして倒れ込む選手の姿も見られた。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月08日21時30分の記事
[PR]
b0171771_14174256.jpg
参考写真:ニホンザリガニ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8B

 9月30日,幕別町忠類の五十嵐興業に勤める五十嵐克幸さんは,忠類共栄の下チュウルイ川上流で掘削作業を行っていた際, ニホンザリガニ約50匹を発見 しました。大きさは4~6cmが主でした。
 知人の加藤建設の加藤茂樹社長らと協力して,上流に放流しました。

 十勝毎日新聞が, 「工事中にニホンザリガニ50匹発見,上流へ放流 幕別・忠類工事中にニホンザリガニ50匹発見,上流へ放流 幕別・忠類」 と伝えています。
 【幕別】町忠類の五十嵐興業に勤める五十嵐克幸さん(55)は9月30日,忠類共栄の下チュウルイ川上流で掘削作業を行っていた際,ニホンザリガニ約50匹を発見した。知人の加藤建設(忠類)の加藤茂樹社長(65)らと協力して上流に放流した。五十嵐さんは「たくさんいて驚いた。忠類に豊かな自然が残っている証拠」と話している。

 五十嵐さんは台風18号の影響で流れてきた残土を撤去中,土砂内に大量のニホンザリガニを発見。大きさは4~6センチが主だった。加藤社長らと手作業で捕獲し,500メートルほど上流に放流した。忠類出身の五十嵐さんと加藤社長は「子どものころはもっとよくみかけた」と口をそろえる。

-略-

(松村智裕)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月09日9時30分の記事

参考:ニホンザリガニ
 ニホンザリガニ(Cambaroides japonicus)は,十脚目・アメリカザリガニ科・アジアザリガニ属に属する,ザリガニの1種である。単にザリガニ,あるいはヤマトザリガニとも呼ぶ。
 日本の固有種で,北海道と北東北にのみ住む。日本に住む3種のザリガニのうち唯一の在来種であり,秋田県・大館市にある生息地が,国の天然記念物に指定されている。
 成体の体長は50–60mmほど,稀に70mmに達するが,アメリカザリガニよりは小さい。体色は茶褐色で,アメリカザリガニに比べて体や脚が太く,ずんぐりしている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8B
[PR]
 
b0171771_11512011.jpg
参考写真:金子みすゞ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E3%81%BF%E3%81%99%E3%82%9E

 10月17日,本別町教育委員会主催の本のまち夢づくり講演会 「世界に広がるみすゞさんのまなざし」 ,本別町中央公民館で開かれます。
 講師の児童文学・詩人の矢崎節夫さんは,2003年から山口県長門市(ながとし)にある金子みすゞ記念館館長を務めています。

b0171771_11513611.jpg
参考写真:金子みすゞ記念館(山口県長門市)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%96%80%E5%B8%82

 十勝毎日新聞が, 「17日に金子みすゞ記念館長の講演会 本別」 と伝えています。
 【本別】本のまち夢づくり講演会「世界に広がるみすゞさんのまなざし」(町教委主催)が,17日午後6時半から町中央公民館で開かれる。童謡詩人金子みすゞの研究者で,児童文学・詩人の矢崎節夫さん(70)を講師に招く。

 矢崎さんは東京生まれ。2003年から金子みすゞ記念館(山口県長門市)館長。童謡集など多くの著作があり,14年には第13回童謡文化賞を受賞している。

 金子みすゞに関しては,「こだまでしょうか」が英語絵本「ARE YOU AN ECHO?」として発行されるなど,人物や作品が注目されている。その広がりについて,矢崎さんに語ってもらう。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月06日12時41分の記事
[PR]
b0171771_07484747.jpg
十勝川温泉街
=2016年5月撮影

 音更・池田両町や観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」は,音更町の十勝川温泉宿泊客を対象に,池田町のワインや食を タクシーで巡る モニターツアー を始めました。
 貸し切りタクシーを格安のモニター料金にして,ワイン城訪問や池田町内飲食店で食事をする観光プランで,十勝川温泉-池田間の交通需要を探り,温泉に連泊して楽しめる観光素材の提供を目指します。

b0171771_07573780.jpg
池田ワイン城
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「タクシーで池田観光 十勝川温泉宿泊客限定」 と伝えています。
 音更・池田両町や観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」(会長・傳法伸也音更町経済部長)は,音更町の十勝川温泉宿泊客を対象に,池田町のワインや食をタクシーで巡るモニターツアーを始めた。貸し切りタクシーを格安のモニター料金にして,ワイン城訪問や池田町内飲食店で食事をする観光プラン。十勝川温泉-池田間の交通需要を探り,温泉に連泊して楽しめる観光素材の提供を目指す。

-略-

 「いけだワイン&フード観光タクシーで巡るモニターツアー」として,小型タクシー貸し切り3時間コースが1台4000円,6時間コースが8000円。通常は3時間で1万6380円,6時間で3万2760円掛かる。観光アンケートに答えると,モニター料金となる。さらに,ガーデンスパ十勝川温泉で使える1000円分の買い物券がプレゼントされる。

 ツアーは来年2月までで先着50組。利用の前日までにワインタクシー(池田町,015・572・2155)に申し込む。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年10月5日 13時48分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171005-0027620.php
[PR]
 
b0171771_16521194.jpg
北海道ホテル
=2016年8月撮影

 10月5日、 北海道十勝フード&ワインフェスティバル が、帯広市内の北海道ホテルで開かれました。
 エレゾ社の佐々木章太社長が、鹿肉の解体デモンストレーションを披露しました。
 参加者200人は、一流シェフが振る舞う食に舌鼓を打っていました。

 十勝毎日新聞が, 「『食』』通じ十勝発信 一流シェフ腕ふるいフェス 帯広」 と伝えています。
 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル」(実行委主催)が5日午後7時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。参加者200人は、一流シェフが振る舞う食に舌鼓を打った。

 アイヌ古式舞踊の帯広カムイトウウポポ保存会によるムックリの演奏と鶴の舞「サロルンリムセ」で幕開けした。高橋勝坦大会長(帯広商工会議所会頭)が「食を通じて世界に十勝を発信していきたい」とあいさつし、後藤健市実行委員長の音頭で乾杯した。

 ステージでは、エレゾ社(豊頃)の佐々木章太社長が鹿肉の解体デモンストレーションを披露。来場者は、招聘(しょうへい)シェフらが作る料理を味わった。各シェフの紹介や、この日提供されたワインについても説明があった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年10月6日 13時52分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171006-0027627.php

[PR]
b0171771_16543939.jpg
交流スペース「Ponte」
=2016年9月撮影

 10月13日,が運営する町中心部の空き店舗を活用した 交流スペース「Ponte(ポンテ)」 で,月見の時期に併せて, もちつき大会 を開きます。
 幼児や小学生が集う「放課池田町商工会後サロンエルム」のイベントとして,臼と,きねを使った本格的なもちつきと試食が無料でできます。

b0171771_16553136.jpg
池田町商工会
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「13日にもちつき大会 池田ポンテ 昼と夜の部も」 と伝えています。
 【池田】町商工会が運営する町中心部の空き店舗を活用した交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)で13日,月見の時期に併せて,もちつき大会を開く。

 幼児や小学生が集う「放課後サロンエルム」のイベントとして,同日午後3時~同5時,臼と,きねを使った本格的なもちつきと試食が無料でできる。手作りのあんも用意している。

 同サロンエルムで子どもたちの世話をする地域のボランティアや池田高校ボランティア部部員が手伝う。

 大人を対象にした満月の最寄りの金曜に行う「FULL MOON BAR(フルムーンバー)」でも引き続き,もちつきを行う「月見BAR」と銘打ち,同日午後6時~同8時に開く。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月09日10時30分の記事
[PR]